AXIS Magazine vol.202 / INSIGHT

デザイン誌、AXIS Magazine vol.202のインサイトにて
ビーズ素材をインソールに用いたナイキのスニーカー「Joyride」の撮影を担当しました。


https://www.axisinc.co.jp/media/magazinedetail/202/

森山直太朗さん アーティスト写真

森山直太朗さんのアーティスト写真の撮影を担当しました。


アートディレクション:外間隆史さん
ヘアメイク:キクチタダシさん
スタイリング:上野真紀さん

展示終了 / PHOTO MIYOTA

IMA galleryで一ヶ月間開催していた個展が終わりました。
来てくださった皆さま、展示に関わってくださったギャラリーとカフェの皆さま、ありがとうございました。
運河沿いの気持ちの良いところでした。





額装作品はすべての組み合わせで引き続き購入可能です。

またこのシリーズのうち数点は、9月14日から長野の御代田町で開催される浅間国際フォトフェスティバルでも展示されます。




浅間国際フォトフェスティバル PHOTO MIYOTA
2019年9月14日(土) – 11月10日(日) 会期中無休
10:00 – 17:00 (最終入場 16:30)
入場料 ¥1,500
メイン会場:御代田写真美術館予定地 | MMoP (旧メルシャン軽井沢美術館)周辺エリア
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1794-1
https://asamaphotofes.jp/

個展のお知らせ

天王洲のIMA galleryにて8月1日から久しぶりの個展が始まります。
未だ暗号が解読されていない世界的に有名な奇書「ヴォイニッチ手稿」に描かれた架空の植物がもししれっと実在していたら、というシリーズです。

 
 


「The plants in the Voynich Manuscript」
IMA gallery(モノレール/りんかい線 天王洲アイル駅より徒歩5~10分)
2019年8月1日(木)~8月31日(土)
11:00~19:00(日曜・祝祭日休み)
レセプション:8月1日(木)19:00〜21:00

初日と毎週金曜・土曜は在廊している予定です。
レセプション、どなたでもご参加いただけますのでぜひお越しください。
ステイトメントなどの詳細は下記ページに載っています。
https://imaonline.jp/imaproject/exhibition/harumi-shimizu/

PRADA × Kazuyo Sejima collaboration item

IMA ONLINEにて、PRADAと建築家の妹島和世さんがコラボレーションしたバッグを撮影しました。





PRADAがクリエイターを迎えるプロジェクト〈Prada Invites〉の第二弾として、

世界的に活躍する3人の女性建築家がそれぞれナイロン素材のアイテムをデザイン。

「ペットのような」、愛着のわいてくる素敵なバッグでした。


https://imaonline.jp/news/others/20190621/

&Premium web連載 / &PHOTO

&Premiumのweb連載、「&PHOTO」の6月を担当させていただくことになりました。
ローカル電車とバスで周った、夏のチェコの写真から選んでいます。一日一枚ずつアップされていきます。

https://andpremium.jp/photo/shimizu-harumi01/





emamima new collection

中谷麻巳さんによるハンドメイドのアクセサリーブランド、emamimaの商品撮影をしました。

変形パールや暗いところで光る和紙、マーブル模様の皮など、モチーフや素材がおもしろいです。

http://www.emamima.com/









oh my glasses TOKYO 2019 SS

国産のアイウェアブランド、oh my glasses TOKYOの2019年春夏の新作を撮影しました。

https://www.ohmyglasses.tokyo/









2019




あけましておめでとうございます。

昨年は7月から個人のプロジェクトのためヨーロッパを回っていましたが、12月に帰国しました。

現在は都内で撮影の仕事をしながら展示に向けて準備をしています。

今年もよろしくお願いいたします。

STUDIO VOICE vol.412

STUDIO VOICE vol.412 Documentary / Non-Fiction 見ようとすれば、見えるのか?
企画「カーテンコールの向こうがわ」撮影で参加しています。

日本の劇団の範宙遊泳と、シンガポールの演劇カンパニーTNSの共同制作、『SANCTUARY -聖域-』のシンガポール公演を観てきました。文章は武田俊さん。

studiovoice412