文學界 2022年9月号

文學界9月号の巻頭表現で、蜆シモーヌさんの詩『王国の朝』からイメージして選んだ写真を使っていただいています。
夏らしさと不思議な重力を感じる、とても気持ちの良い詩でした。





La Nuit

モーリス・ラヴェルのピアノ組曲『夜のガスパール』をイメージして制作された香水La Nuitの、香りから連想した写真を提供しました。
三つの楽章それぞれにタイトルがつけられており、私が担当したのは第一楽章のオンディーヌ(水の精)の香り。
最初はひんやりした氷や泉、後から青や紫の花が感じられるような涼しげな印象でした。








二楽章の絞首台は土や苔と針葉樹が混ざったようなしっかりした香り、三楽章のスカルボはスパイシーで面白い香り
どれも珍しいけど身につけやすく、個人的にもとても好きです。


今後もクラシック音楽をイメージした香りを製作されるそうです。La NuitのECサイトはこちら
https://de-la-nuit.com/fragrance/product/product-2243/

KYOTOGRAPHIE 2022 終幕

KYOTOGRAPHIEでの展示が終了しました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
展示していた mutation / creation のシリーズは引き続き被写体を探して撮影を続けていきます。






photo credit :
© Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022
10/10 Celebrating Contemporary Japanese Women Photographers
Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION
Venue: HOSOO GALLERY

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2022

今年で10周年を迎えるKYOTOGRAPHIEの、”10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭”という企画展示に参加させていただくことになりました。
未公開の写真を含む mutation / creation のシリーズを展示します。

https://www.kyotographie.jp/





 

 


10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭

Artist: 地蔵ゆかり、林典子、細倉真弓、稲岡亜里子、岩根愛、岡部桃、清水はるみ、鈴木麻弓、殿村任香、吉田多麻希
Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION
Curated by ポリーヌ・ベルマール、ルシール・レイボーズ、仲西祐介

会期: 2022年4月9日 – 5月8日 (休館日: 4/12, 4/19, 4/26)
営業時間: 10:00 – 17:30
場所: HOSOO Gallery 京都市中京区柿本町412 HOSOO FLAGSHIP STORE 2F & 5F
(在廊日はSNS等でお知らせします)
チケット: 単館料金1500円(学生1200円), 他の展示も観る場合はパスポートチケットも有
***入場制限があるため、事前にオンラインでの日時指定が必要です。https://www.kyotographie.jp/reservation/***

また23日の15:00 – 16:00に、KYOTOGRAPHIEの共同代表で、今回の展示のキュレーターでもある仲西さんとトークをします。(無料、要予約)
https://www.kyotographie.jp/events/2022/5462/


展示概要 (引用)
ポリーヌ・ベルマール(インディペンデント・キュレーター、写真史家、元マグナム・フォト カルチュラルディレクター、元ニューヨーク国際写真センター キュレーター)と、KYOTOGRAPHIEの共同設立者/共同ディレクターであるルシール・レイボーズと仲西祐介が共同でキュレーションを行い、将来的に活躍が期待される10人の日本人女性写真家の作品を展示する。KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の10周年を記念して行われる本展で展示される作品を通し、それぞれの作家の独自の視点や考察を世界に向けて紹介する。それぞれの個展は、京都在住の建築家・小西啓睦氏が考案した、汎用性と持続性に優れた自然素材の構造体によって構成される。この構造体と作品は、巡回にも対応できるよう移動または複製できる仕組みになっている。

本展は、ケリングの「ウーマン・イン・モーション」により支援されている。「ウーマン・イン・モーション」は、アートとカルチャーの分野で活躍する女性に光を当てることを目的として2015年に発足し、以降様々な芸術分野における女性の地位や認識について理解を深め、変化を促すためのプラットフォームになっている。


————————————————–


I will participate in KYOTOGRAPHIE 2022, curated group exhibition “10/10 Celebrating Contemporary Japanese Women Photographers”.
My ongoing photo series ” mutation / creation” will be exhibited at HOSOO gallery.



10/10 Celebrating Contemporary Japanese Women Photographers

Artists: Yukari Chikura, Noriko Hayashi, Mayumi Hosokura, Ariko Inaoka, Ai Iwane, Momo Okabe, Harumi Shimizu, Mayumi Suzuki, Hideka Tonomura, Tamaki Yoshida
Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION
Curated by Pauline Vermare, Lucille Reyboz and Yusuke Nakanishi

2022.4.9 – 5.8 (close: 4.12, 4.19, 4.26)
opening hours: 10:00 – 17:30
at HOSOO GALLERY
HOSOO FLAGSHIP STORE 2F & 5F, 412, Kakimoto-cho, Nakagyo-ku, Kyoto
ticket: 1500 yen (student: 1200 yen)

* need to make reservations in advance online : https://www.kyotographie.jp/reservation/


Co-curated by Pauline Vermare, Independent curator and photography historian (formerly cultural director of Magnum Photos and curator at ICP, New York) and Co-founders/Co-directors of KYOTOGRAPHIE, Lucille Reyboz and Yusuke Nakanishi. Through the series shown in the exhibition, we see a reflection and perspective distinctive to each photographer, whether they are living and working in Japan or abroad. These powerful images will be presented in a scenography that embodies the KYOTOGRAPHIE spirit and gives each artist her own customized space, thanks to versatile and sustainable structure, conceived by Kyoto-based designer and architect Hiroyasu Konishi.

This exhibition is supported by Women In Motion, a Kering program that shines a light on the talent of women in the fields of arts and culture. Since 2015, Women In Motion has been a platform of choice for helping to change mindsets and reflect on women’s place and recognition across artistic fields.

天王洲アートフェス

天王洲アートフェスの一環として、OPEN FRUIT IS GODのシリーズを天王洲アイルの運河沿いの道にターポリン掲示していただいています。
2022 3/1 — 3/31








TENNOZ ART FESTIVAL 2021
https://canalside.or.jp/activities/40259>

emamima 2021-2022

アクセサリーブランド、emamimaさんの新作を撮影しました


  

ABC-MART GS web連載

ABC-MART GRAND STAGEのサイトにて、昨年から巡都百景というweb連載の写真を担当しています。
エリアごとに異なる文化や歴史を持つ東京の街を、写真家の視点で巡る企画です。

https://gs.abc-mart.net/tags/51/


text: Shota Kato(OVER THE MOUNTAIN)
edit: Kunihiro Miki



 
 

遊佐未森さん アルバム 『潮騒』

遊佐未森さんの5年ぶりとなる新作アルバム『潮騒』のジャケットなどを撮影しました。

澄んだ歌声に癒されます。




初回限定盤 / 通常盤 2021.6.23 リリース
produced by 外間隆史 + 遊佐未森
arranged by 大口俊輔
mixed & mastered by カラム・マルコム

hairmake: 山本浩未
styling: 岩崎聡美
art direction: 外間隆史


2021

あけましておめでとうございます

プリント作品の販売について

オンラインストアでプリント作品がご購入いただけるようになりました。

>>IMA ONLINE STORE <<

・ OPEN FRUIT IS GOD (フロート額装)


・ icedland (アクリルマウント)


・ The Plants in the Voynich Manuscript (2枚組マット額装) /この後マット枠のサイズ感を少し変更しました


額装の仕様や有無に関してはギャラリーにお問い合わせください。

TRANSIT #49

TRANSIT49号 美しき消えゆく世界への旅特集に写真と文章を寄せています。
動物たちのいるところというタイトルで、2月にウガンダの森でマウンテンゴリラと向かい合っていたときのことを書きました。



オーストラリアの火災から昆虫食までタイムリーな記事が並ぶ環境特集号。読み応えがあります。

https://www.transit.ne.jp/contents/magazine/transit49.php

bororo / tiny wild

ジュエリーブランドのbororoさんの新作シリーズを撮影しました。
デザイナーの赤地さんが石を求めて世界各地を旅する中で出会った「魔除け」をコンセプトにした、原始的で力強い印象のピアス。男女どちらにも。




Art director : Junya Maejima
Editor : Mai Tsunoo
Hair&Make : Chika Tadokoro
Model : Sharar Lazima

–下記引用–


bororoは旅する宝石商。宝石を求めて、世界を旅してきました。アフリカの奥地、南米の山奥から中東の砂漠…出向く先々で、さまざまな人や文化と出会いました。
bororoのジュエリーにはいろいろな旅の記憶が宿っていますが、いつかかたちにしたいと思うモチーフがありました。それが魔除けです。
それぞれの民族や部族に伝わる装飾品や入れ墨には、魔除けの意味を持つものも多くあります。シャーマンから手渡される石やサンゴが、大切なお守りとして身につけられる様子を目にしてきました。動物の牙、骨、角、ときには石を削り磨き上げ身体に直接突き刺し魔除けとして身につける姿に、装飾品としてのジュエリーにはない野生的な力強さを感じ、心惹かれました。
tiny wildは、旅で出会った魔除けの記憶をモチーフにしたピアスです。現代を生きる人々の、身体の奥底に眠るほのかな野生を呼びさますような。あるいは、日々を生きるための小さな勇気になるような。そんな願いを込めています。

http://bororo.jp/

Gifu Park-Life

Gifu Park-Lifeという、岐阜の公園の魅力を紹介するサイトの企画で6つの公園の写真を撮影しました。

 
 


以前から行ってみたかった養老天命反転地、平衡と距離の感覚が掴みづらくて不思議な疲れ方をしました。楽しかった。

(撮影に伺ったのは去年です)

遊佐未森さん 撮影

遊佐未森さんのコンサートツアー cafe mimoのフライヤーなどの撮影を担当しました。




ヘアメイク:山本浩未さん
スタイリング:岩崎聡美さん
AD、デザイン:外間隆史さん

2020

あけましておめでとうございます。

昨年は少しずつ撮影の仕事をいただくようになり、夏には久々の個展を開いたりと、様々な方にお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

JUBAN DO ONI

JUBAN DO ONI のwebサイトリニューアルにともない、撮影を担当しました。
クラリネット奏者としても活動されている黒川紗恵子さんによる、締め付けがなく心地よいインナーウェアのブランドです。
アートディレクションは飯田郁さん。

https://juban-do-oni.katalok.ooo/ja

AXIS Magazine vol.202 / INSIGHT

デザイン誌、AXIS Magazine vol.202のインサイトにて
ビーズ素材をインソールに用いたナイキのスニーカー「Joyride」の撮影を担当しました。



https://www.axisinc.co.jp/media/magazinedetail/202/

展示終了 / PHOTO MIYOTA

IMA galleryで一ヶ月間開催していた個展が終わりました。
来てくださった皆さま、展示に関わってくださったギャラリーとカフェの皆さま、ありがとうございました。
運河沿いの気持ちの良いところでした。




額装作品はすべての組み合わせで引き続き購入可能です。

またこのシリーズのうち数点は、9月14日から長野の御代田町で開催される浅間国際フォトフェスティバルでも展示されます。




浅間国際フォトフェスティバル PHOTO MIYOTA
2019年9月14日(土) – 11月10日(日) 会期中無休
10:00 – 17:00 (最終入場 16:30)
入場料 ¥1,500
メイン会場:御代田写真美術館予定地 | MMoP (旧メルシャン軽井沢美術館)周辺エリア
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1794-1

https://asamaphotofes.jp/

個展のお知らせ

天王洲のIMA galleryにて8月1日から久しぶりの個展が始まります。
未だ暗号が解読されていない世界的に有名な奇書「ヴォイニッチ手稿」に描かれた架空の植物がもししれっと実在していたら、というシリーズです。

 
 

「The plants in the Voynich Manuscript」
IMA gallery(モノレール/りんかい線 天王洲アイル駅より徒歩5~10分)
2019年8月1日(木)~8月31日(土)
11:00~19:00(日曜・祝祭日休み)
レセプション:8月1日(木)19:00〜21:00

初日と毎週金曜・土曜は在廊している予定です。
レセプション、どなたでもご参加いただけますのでぜひお越しください。
ステイトメントなどの詳細は下記ページに載っています。
https://imaonline.jp/imaproject/exhibition/harumi-shimizu/

PRADA × Kazuyo Sejima collaboration item

IMA ONLINEにて、PRADAと建築家の妹島和世さんがコラボレーションしたバッグを撮影しました。





PRADAがクリエイターを迎えるプロジェクト〈Prada Invites〉の第二弾として、

世界的に活躍する3人の女性建築家がそれぞれナイロン素材のアイテムをデザイン。

「ペットのような」、愛着のわいてくる素敵なバッグでした。


https://imaonline.jp/news/others/20190621/

&Premium web連載 / &PHOTO

&Premiumのweb連載、「&PHOTO」の6月を担当させていただくことになりました。
ローカル電車とバスで周った、夏のチェコの写真から選んでいます。一日一枚ずつアップされていきます。

https://andpremium.jp/photo/shimizu-harumi01/



2019


あけましておめでとうございます。

昨年は7月から個人のプロジェクトのためヨーロッパを回っていましたが、12月に帰国しました。

現在は都内で撮影の仕事をしながら展示に向けて準備をしています。

今年もよろしくお願いいたします。

she is

ウェブマガジンshe isの「旅に出る理由」という特集にエッセイを寄稿しました。

アルザス地方の町、コルマールを訪れたときのこと。

https://sheishere.jp/voice/201807-harumishimizu/


STUDIO VOICE vol.412

STUDIO VOICE vol.412 Documentary / Non-Fiction 見ようとすれば、見えるのか?
企画「カーテンコールの向こうがわ」撮影で参加しています。

日本の劇団の範宙遊泳と、シンガポールの演劇カンパニーTNSの共同制作、『SANCTUARY -聖域-』のシンガポール公演を観てきました。文章は武田俊さん。


BEAMS EYE ON BEPPU



BEAMSと大分県別府市のプロジェクト、「BEAMS EYE on BEPPU」
3組のキャストと写真家がそれぞれ別府を旅したフリーマガジン「まるで湯けむり。」がBEAMS JAPANなどで配布されます。店内ではおみやげものの販売とパネル展も。
私はシャムキャッツの夏目さんと、山の中の温泉や地元の人に聞いたおすすめスポットを巡ってきました。温泉街ならではの気さくな雰囲気で本当に良いところでした ♨︎

http://www.beams.co.jp/company/pressrelease/detail/201

POLA TALKER’S MUSEUM feat. WE/

二子玉川 蔦屋家電でのグループ展 POLA TALKER’S MUSEUM feat. WE/に参加しています。
ポーラの企業文化誌「WE/」と連動した、「ひらめき」をテーマとした展示で

ヴォイニッチ手稿に登場する幻の植物がもし現代の風景に紛れ込んでいたとしたら、
というコンセプトの新作数枚を展示しています。AR技術が使われていて、iPadをかざすと写真が動きます。







2017.9.29(fri)-11.12(Sun)
POLA TALKER’S MUSEUM
水谷吉法 / 川井穂波 / 清水はるみ

〒158-0094
東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット

http://www.pola.co.jp/special/pola_talkersmuseum/

STUDIO VOICE vol.411

STUDIO VOICE vol.411 Alternative Eroticism に撮影で参加しています。
The Public Gardenという企画ページで、監修はサロンのGIMICOさん。



Hair Design& Interview: GIMICO
Styling: Naomi Shimizu
Make Up: Rumi Hirose
Text&Edit: Aguri Kawashima
AD: Kei Sakawaki

http://www.studiovoice.jp/

IMAGRAPHY 2017 June

毎月異なる作家を取り上げ平日に一日一枚ずつ写真がアップされていくオンラインギャラリー、IMAGRAPHYの第一弾として6月に掲載されました。
進行中の新作と風景写真です。


http://imaonline.jp/imagraphy/201706harumi-shimizu/#img1




Marronnier Gate Ginza

この春にリニューアルオープンしたマロニエゲート銀座2&3のエントランス映像に写真を使っていただいています。



2017







本年もどうぞよろしくお願いします。

ご依頼は提携先のYUUNO( kusuma.cast.yuuno@gmail.com ) もしくは 清水( mnt.anon@gmail.com )へ。

LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #4

グループ展
LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #4
に参加させていただきました。

アムステルダム(Unseen Photo Fair期間中)・パリ(Paris Photo期間中)・東京(2017/1,IMA CONCEPT STORE)に巡回しました。

http://beyond2020.jp/

東加奈子/石野郁和/宇田川直寛/石橋英之/駒瀬由宗/清水はるみ


ART PHOTO TOKYO

11月18-20日
茅場町共同ビルディングで開催されたART PHOTO TOKYOに参加しました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。





http://artphototokyo.com/

展示していた作品はいずれも引き続きご購入可能です。

instagram



写真用のinstagramを始めました

http://www.instagram.com/harumi.shimizu/

IMA magazine vol.16



IMA vol.16 Summer2016 に掲載されました。
OPEN FRUIT IS GODの写真が表紙になっています。
http://imaonline.jp/magazine/vol16/

IMA English edition vol.1でも紹介していただいています。
https://store.imaonline.jp/category/select/pid/6775

Mr.Children アーティスト写真



Mr.Childrenのアーティスト写真とホールツアー「虹」の撮影がありました。

メンバーの皆さん、アートディレクターの丹下さん、チームの方々と一緒に関わることができ良かったです。和やかな現場でした。


JAPAN PHOTO AWARD 2015

EINSTEIN STUDIO主催のJAPAN PHOTO AWARD 2015で受賞しました。
『IMA』編集長の太田睦子さんに選んでいただきました。

http://www.japanphotoaward.com


代官山 BOOK DESIGN展 2015



代官山 蔦屋書店で開催中の「代官山BOOK DESIGN展2015」
昨年に続き、イメージカットと公式図録の撮影を担当しました。

http://tsite.jp/daikanyama/event/004811.html


https://daikanyama-ec.tsite.jp/tsutaya/3666/

会期:2015年5月14日(木) – 6月11日(木)
会場:蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア
開館時間:7:00~翌2:00 (営業時間)

Frozen Silence

[icedland]シリーズの写真が、2015年春にwhite paddy mountainから発売となった畠山直哉さんと細海魚さんのコラボレーションアルバム「Frozen Silence」のアートワークに使われています。

昨年の冬、偶然にも同じく凍ることをテーマに制作していました。
景色が開けてくるようなドローン。ずっと聴いていられます。



Track List
01.Frozen Silence
02.A Little Fairy On The A Cold Glass
03.Collapsing Huge Glaciers And The Sun
04.Frostwork III
05.Light Snow
06.In A Cave

all musics written, mixed by Sakana Hosomi + Chihei Hatakeyama
mastered by Chihei Hatakeyama
photograph by Harumi Shimizu

http://whitepaddymountain.tumblr.com/

個展「OPEN FRUIT IS GOD」/ 名古屋 gallery blanka


5月20日より、名古屋のgallery+cafe blankaにて個展「OPEN FRUIT IS GOD」を開催します。
蔵をリノベーションした、味のある川沿いのギャラリー。昨年のZINEに新作を加えた展示です。

今回、防水の大判テント布にプリントした写真を気軽に買える価格で販売します。ポスターみたいにラフに貼れます。
ZINEやポストカードも販売予定。

在廊日は5/20~22の夕方までと、6/6,7を予定しています。
最終日はささやかなパーティもあります。
名古屋、ほぼ初めてなのでどなたでも来ていただけるとうれしいです。

ーーーーーーーーーーーーー

清水はるみ 個展「OPEN FRUIT IS GOD」

5/20(水)-6/7(日)
11:30-19:00
gallery+cafe blanka
名古屋市中区丸の内1-12-3

*日曜は17:00まで
*月曜、第一火曜日定休



OPEN FRUIT IS GOD 冊子

『OPEN FRUIT IS GOD』
昨年の展示の時期に作った初めての写真冊子、都内の本屋さんで置いてもらえることになりました。
  ほぼアイスランドで撮影したもので構成しています。
  大判で遊び心のあるデザインは山﨑さんによるもの。

今のところ取り扱いのあるお店はこちら。
百年(吉祥寺)
ユトレヒト(表参道)
Nadiff apart(恵比寿)
蔦屋書店(代官山)

200部限定、税込2000円です。郵送も可能なのでご希望の方はご連絡ください。