mutation / creation

独自の魅力を持ち、自然界では生き延びづらいこともある突然変異の生き物に、昔から人は愛でたり恐れたりとさまざまに反応してきました。変異をきっかけとした品種改良も利用と観賞の両面から広く行われてきており、その方向性には実用性のみならず人間の美意識が強く反映されています。
本シリーズではそういった自然の多様性と人間による創造の狭間にある動植物を、保護と介入の両方の意味を持つ人の手と共に撮影しています。また、特に珍しい変異の動物は記録に残せる機会が限られており、植物の園芸品種はその時々の価値観や改良の度合いによって移り変わっていくため、そうした稀少性の高い個体や、人の手によって生み出されたけれど時が経てば埋もれてしまうかもしれない種の姿をアーカイブするという意義も含まれています。

協力(五十音順 敬称略):アニマルルームいけもふ/大内山動物園/掛川花鳥園/鳥羽水族館
(継続中)